登山の疲れにくい歩き方

登山の道は坂道な上に整備されていない道ですので、普段通りの歩き方では疲れやすく、また膝や足首を痛めてしまうことにもなりかねません。
そこで登山の際に疲れにくい歩き方をご紹介します。
まず気を付けることは歩幅とスピードです。
山道は木の根や石など歩行を妨げるものが沢山あります。
そこを街歩きと同じような歩幅とスピードで歩くと、つまずいたりバランスが悪くなったりして余計な体力を使ってしまいます。
ですから基本は小股でゆっくりと歩くようにしましょう。
つまずき防止の為、登り道では膝を上げることも必要です。
さらに姿勢も重要です。
背筋が曲がっているとそこに余計な筋肉を使ってしまいます。
頭、腰、膝、とまっすぐに線が入っているような姿勢で歩けば骨が支えてくれますので疲れにくい歩き方ができます。
また、下半身だけの力で歩くのではなく、全身の筋肉を動かして歩くと楽に歩けます。
まずは大きく腕を振ってみましょう。
体全体を使って歩く感覚が分かると思います。
小幅でゆっくり、正しい姿勢で腕を振って歩けば長時間の登山でも疲れにくいので、山歩きを楽しめることでしょう。

登山を思う存分楽しむための基本的な歩き方

山の中の大自然を満喫しながら、ひたすら頂上を目指して歩き続けるレジャーである登山。
特に初心者の人にとっては、どのように歩けば体力を消耗せず、楽しく登ることができるか、気になる事でもあります。
今回は登山の正しい歩き方について考えてみましょう。
まず最初に気をつけた方がいいのは、普段の歩き方とは違って、ちゃんと膝を上げながら歩くのを心がけることです。
登山道には木の枝や石ころなど、障害物だらけのエリアもあります。
すり足のように歩いてしまうと障害物に足を取られ、思わぬケガの元につながりかねません。
しっかり意識しながら膝を上げて歩きましょう。
次に歩き方のバランスを考えながら歩く事を肝に銘じておきましょう。
しっかりと腕を振る事で全身の筋肉をバランス良く使うことにつながり、身体の特定の部分に負荷をかけて必要以上に疲れてしまうのを防ぐことが出来ます。
また、ハアハアと大きな息遣いをしながら速く歩く事も体力の消耗につながります。
しっかりと息を吸って吐き、ゆっくり、一歩一歩踏みしめるように歩くようにしましょう。
以上見てきたように、しっかり意識して歩く事はムダな体力を使わず、結果的に登山を存分に楽しむ事につながります。
他にもいろいろと自分なりの工夫をして歩く事を心がけましょう。

check


オリジナルグッズ OEM


最終更新日:2020/4/17

Copyright (c) 2015 おとなの登山 All rights reserved.