登山に適した雨具選び

山の天気は変わりやすく晴れていても急に雨が降ってくることがあるため、登山の際はレインウェアなどの雨具を常に持っておく必要があります。
レインウェアにはジャケットとパンツの上下に分かれているタイプと、頭からかぶって使うポンチョのようなタイプの二種類が一般的ですが、強風が吹くこともある登山では上下に分かれているタイプが適しています。
次に素材ですが、登山用のレインウェアで重要なのは透湿性です。
雨を防ぐための防水性ももちろん大切ですが、服の中に湿気がこもってしまうと汗を余分にかいてしまいます。
その汗が風に冷やされると体温が奪われてしまうので、防水性と共に透湿性の良い素材を選ぶことが重要です。
次にポイントになるのが重さです。
道具や食べ物、衣類など様々な物を持って行く登山では、それぞれの重さを軽くしていくことが大切です。
そのため、コンパクトに収納できて出来る限り軽いものを選ぶようにしましょう。
最後のポイントは着心地です。
いくら良い素材を使っていても着心地が悪ければ意味がありません。
一度試着をしてみて、着心地を確かめてから買うようにしましょう。

登山の際に欠かせない雨具

登山をする際にぜひ持って行きたいのが雨具です。
これは山の天気は変わりやすいため、登る前に晴れ渡っていたとしても山中で雨天に変わることが考えられるからです。
登っている時に雨に降られると、服が濡れて体が急速に冷えてしまいます。
視界も遮られて無駄に体力を消耗する可能性もあるので、必ず雨具を持っていくようにしてください。
登山で使える雨具には、レインウェアがあげられます。
足元が不安定で樹木も多い山道では、傘を差して歩くのは困難です。
滑って転倒した時にすぐに手を使えるよう、傘ではなくレインウェアを着用するようにします。
雨が降って気温が下がってきた時のことを考えると、レインウェアはなるべくしっかりとしたものを選ぶようにします。
持ち運びやすいように軽量のものも売られていますが、寒くなった時に体温が下がりやすくなってしまいます。
風を防ぎ体をしっかりと覆う本格的なものがおすすめです。
機能面で充実しているものも便利です。
ポケットが多いと用具を入れるのに使えますし、脇の下などに換気孔がある製品はこもった熱を排出するのに役立ちます。

pickup



Last update:2019/12/19

Copyright (c) 2015 おとなの登山 All rights reserved.